実用的な投資・キャリア情報にアクセス

アセットマネジメント

【最新版】フィデリティ投信の業務内容・強みと弱み・平均年収

この記事ではフィデリティ投信の業務内容・強みと弱み・平均年収をお伝えしていきます。

フィデリティ投信とは

フィデリティ投信とは、米国の資産運用会社フィデリティが日本で営業するために設立した資産運用会社です。言わばフィデリティの日本部門ですね。

日本での歴史は古く、1969年に外資系運用会社として初の日本進出を行った会社でもあります。

会社名フィデリティ投信株式会社
代表者デレック・ヤング(代表取締役社長)
所在地東京都港区六本木7-7-7 TRI-SEVEN ROPPONGI 
社員数234名(2020年10月)
URLhttps://www.fidelity.co.jp/

フィデリティ投信の事業内容

フィデリティ投信の事業内容をみていきましょう。

【フィデリティ投信の事業内容】

  • 公募投信事業
  • 機関投資家事業
  • 確定拠出年金(DC)事業

公募投信事業

公募投信事業では、証券会社や銀行などの150以上の金融機関を通じて、100本以上の公募投資信託を提供しています。

出所:フィデリティ投信

公募投資信託とは?

不特定及び50名以上の投資家に向けて、募集をかける投資信託のこと。主に個人投資家が投資する「株式投信・公社債投信」は、公募投資信託に分類されます。

フィデリティ投信は公募投資信託において圧倒的なプレゼンスを誇っており、国内にある運用会社の中でも頭一つ抜けています。

機関投資家事業

機関投資家事業では、年金、学校法人、財団などの機関投資家のお客様に対して、グローバルネットワークを活用した資産運用サービスを提供しています。

出所:フィデリティ投信

運用会社として世界トップクラスのコネクションと実績を有する同社には、数多くの日本の機関投資家が信頼を置いています。

確定拠出年金(DC)事業

確定拠出年金事業では、日本で同制度が導入された2001年より、確定拠出年金制度に関わる資産運用サービスを提供しています。

実際の運用商品は同社の公式HPに掲載されていますので、ご参考ください。

基準価額一覧(確定拠出年金向け)

フィデリティ投信の強み

次に、フィデリティ投信の強みと弱みをお伝えしていきます。

強みからみていきましょう。

グローバルレベルのブランド力

フィデリティ投信の強みとしては、グローバルレベルで名前が知られているそのブランド力が挙げられます。

フィデリティ・インターナショナルは、世界で25を超える拠点で事業を展開し、運用管理総資産額(AUA)は約63.5兆円に上ります。

外資系ながら日本での知名度は高く、2021年3月時点の公募投資信託の純資産残高は約2.7兆円であり、外資系運用会社では首位です。

日本マーケットにも通用するブランド力は、営業、採用、マーケティングの全てにおいてポジティブに作用します。

運用力

運用力もフィデリティ投信の強みです。運用会社としての実績がピカイチなのです。

日本経済新聞が公表している投信ランキングの「純資産総額ランキング」では、国内株式部門と先進国債券(非投資適格)部門で1位となっています。

他の分野でも上位にランクインしているので、実際に確かめてみてください。多くの分野で3位以内に同社の名前があるはずです。

このような高い運用力が同社の大きな強みと言えます。

フィデリティ投信の弱み

手数料(信託報酬)の高さ

フィデリティ投信の弱みとして、手数料(信託報酬)の高さが挙げられます。

運用業界は手数料競争に陥っており、各社次々と手数料が低い商品を打ち出しています。

高い運用力が評価されているので今すぐ顧客離れは進まないでしょうが、手数料に見合ったリターンが一層要求されるようになると、同社への負担は今後強まることが予想されます。

新規事業への消極性

新規事業への消極性もフィデリティ投信の弱みと言えます。

同社は大きな金融グループに属していない独立系の運用会社なので、機動的に事業展開ができるはずです。

しかし、日本での営業はもちろんフィデリティ全体の動きをみても、新規事業投資やM&Aは行っておらず、会社としての成長意欲はあまりみられません。

資産運用会社としての実績は確かですが、他の事業に手を広げても良いと個人的には思いますね。

フィデリティ投信の平均年収

次に、フィデリティ投信の平均年収についてみていきます。

今回はフィデリティ投信が公表している財務情報と、口コミサイトに記載されている平均年収を参考にしています。

財務情報でみる年収

フィデリティ投信は、投資信託協会の規定に基づいて財務状況を報告しています。

損益計算書のなかの給料項目を、同時期の社員数で除することで、1人あたりの平均年収を求めることができます。

【フィデリティ投信の平均年収(報告書)】

給料4,700,215,000円÷社員数234人=20,086,388円

参考:フィデリティ投信

フィデリティ投信の平均年収は約2,000万円だと分かります。さすが外資系、高いですね〜(笑)

口コミサイトでみる平均年収

口コミサイトのOpenWorkでフィデリティ投信の平均年収をみてみましょう。

【フィデリティの平均年収(口コミ)】

平均年収:1,650万円

参考:OpenWork

こちらの口コミサイトの回答者の多くは若手、中堅であることを踏まえると、報告書より少ない水準でも納得できると思います。

フィデリティ投信の新卒採用

フィデリティ投信の新卒採用事情についてみていきます。

新卒でフィデリティ投信を目指す学生はご活用ください。

職務内容

【ビジネス・アソシエイト職】

入社後の2年間は、グローバルのプログラムを受け、ビジネス部門における4つの部署(投信営業、機関投資家営業、クライアントサービス、など)にて半年ずつのローテーションを行う。

採用フロー

採用フローは次の通りです。

【フィデリティ投信の採用フロー】

  1. 書類選考
  2. 会社説明会
  3. ビデオ面接
  4. 1次面接
  5. インターンシップ
  6. 最終面接

初任給・福利厚生

フィデリティ投信の初任給と福利厚生は次のとおりです。

【フィデリティ投信の初任給】

非公表:年棒制(推定600万円)

生活関連制度家賃補助
休暇関連制度完全週休2日制、年次有給休暇(12日~20日)、連続休暇制度
資金関連制度財形貯蓄制度

おすすめの就活サービス

フィデリティ投信をはじめとする運用会社を目指す学生におすすめの就活サービスは、OfferBox(オファーボックス)BIZREACH CAMPUS(ビズリーチキャンパス)です。

OfferBoxは、大手企業からベンチャーまで10,000社以上2022年度卒の学生180,000人以上が登録している就活スカウトサービスです。

企業側が就活生に対してオファーする仕組みのため、忙しい就活生でも効率的に内定を獲得することができます。

【OfferBoxのメリット】

  • 日系大手、外資系、ベンチャー企業まで幅広い企業に効率的にアクセスできる
  • 就活生の3人に1人が利用している安心感
  • オファー受信率90%以上の信頼感
  • 便利な自己分析ツール「適性診断AnalyzeU+」が利用できる

ビズリーチキャンパスは、OB/OG訪問を軸とした就活サービスです。大手金融機関、総合商社、外資系コンサルからメガベンチャーまで、51,000人以上の有名企業のOBOGとマッチングできます。

同じ大学の先輩や志望業界の在籍者・OBOGからのアドバイスは、再現性と実用性がかなり高いため、利用後の満足度がかなり高いことでも有名です。

【ビズリーチキャンパスのメリット】

  • オンラインでOB/OG訪問ができる
  • 日本を代表する有名企業の先輩からアドバイスがもらえる
  • 就活に成功した先輩から面接/ES対策を指導してもらえる
  • いきなりOB/OG訪問が不安でも、ラフに参加できるイベントが豊富で取り組みやすい

フィデリティ投信への転職

次に、フィデリティ投信への転職を目指す方に向けて、同社のキャリア採用情報をお伝えします。

中途採用での募集職種

フィデリティ投信では、2022年3月時点でいくつかの職種においてキャリア採用を行なっています。

こちらのオフィシャルサイトで確認することができます(英語です)

https://fil.wd3.myworkdayjobs.com/001/1/refreshFacet/318c8bb6f553100021d223d9780d30be

有利になる資格

フィデリティ投信へ転職するにあたって有利になる資格は次の通りです。

  • TOEIC:調査・運用業務では英語能力が必要になるため
  • 証券アナリスト(CMA):高い分析力が必要になり、運用知識を学習できる数少ない資格であるため
  • 米国証券アナリスト(CFA):国際的な認知度が高く、英語力と金融知識を同時に証明できるため

証券アナリストについては、勉強法やおすすめの教材を発信している記事があるので、併せて読んでみてください。

CFAについては、体系的な学習教材を提供しているTACがおすすめです。受講料がやや高いので、一度資料請求して内容を吟味することを推奨します。

TACの無料資料請求ページ

おすすめの転職サービス

転職サービスのなかでも、フィデリティ投信をはじめとするアセマネへの転職であれば、金融業界に強くハイクラス向けのエージェント型とオファー型のサービスを活用すると良いでしょう。

エージェント型では「コトラ」「Samurai job」、オファー型では「ミイダス」「リクルートダイレクトサービス」がおすすめです。

ハイクラス人材紹介サービス【コトラ】・外銀やアセマネなど金融専門職の求人が豊富
・コンサルやITにも強く、金融出身者の転職支援実績が業界トップクラス
外資系・ハイクラスに強い【Samurai Job】・国内大手や外資系ハイクラス求人が20,000件で独占求人まで保有
・英文レジュメ作成から面接対策まで総合的にサポートが受けられる
ハイクラスの転職サービスならリクルートダイレクトスカウト・金融コンサルを中心とする年収800万以上の求人が約30,000件
・短期集中希望者に向けた添削、面談サポートが充実
優良求人からオファーが来る「ミイダス」・転職市場価値を算出し、面接確約の優良求人を提案してくれる
・金融だけでなくGAFAMや総合商社など有名企業の求人も数多くカバー

※右スクロールで各サービスの特徴が分かります

いずれも無料登録も1〜3分程度で完了するので、複数サービスに登録して非公開求人を全てチェックし、各サービスの強みをそれぞれ享受すると良いでしょう。

社員の評判

運用会社には珍しい創業オーナー企業なので、カルチャーはしっかり浸透している。カルチャーがフィットすればこの上ない環境だと思われる。
評価は良くも悪くもフラットなので、上司や先輩に嫌われたら最後。この意味でも、カルチャーに馴染めるかどうかが重要である。

女性でもストレスなく働くことができます。理由は大きく2つ。
1つはFamily Care leave。家族が病気になれば有給を取得する体制が整備されています。もう1つはコロナでの在宅勤務導入。週5日勤務している方は皆無のはずです。女性であれば尚更だと思います。
柔軟に働くことができるので、キャリアと家庭を両立させることができます。

ワークライフバランスは良いですが、全てはパフォーマンス次第です。完全に実力主義なので、ライフに偏りすぎてパフォーマンスが悪ければ容赦無くアウトです。過去に大きなリストラが実行されているので、あまり人がいなくなる光景に新鮮さ覚える人はいないでしょう。

1

2

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

  • 投稿者情報
  • この投稿者の新着記事
MARKET PASS編集部

MARKET PASS編集部

MARKET PASS編集部

資産・キャリア形成メディア【MARKET PASS】編集部です。

  1. 【経済指標】MBA住宅ローン申請指数とは?見方を解説

  2. 【最新版】ドイツ証券の業務内容・平均年収・転職を解説

  3. 証券業界の動向から見る課題・将来性を解説【2022年】

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP