実用的な投資・キャリア情報にアクセス

外資系投資銀行

【最新版】シティグループ証券の部門・平均年収・新卒採用・転職を解説

この記事では、シティグループ証券の部門・平均年収・新卒採用・転職などについてお伝えしていきます。

シティグループ証券とは

シティグループ証券とは、米国大手金融グループであるシティグループの証券業務を担う証券会社です。

世界160の国と地域に2億以上の顧客口座を持つグローバル金融機関でありながら、日本に参入してから100年以上と日本人に馴染みの深い外資系企業でもあります。

世界におけるシティグループ証券

シティグループ証券は米国のマンハッタンに本社をおく証券会社です。企業概要は次のとおり。

会社名Citigroup Inc
設立年1811年
代表者ジェーン・フレイザー(CEO)
社員数231,000名
住所Greenwich Street New York, NY 10013 USA

米大手金融初の女性CEOとして大注目されちゃったわね(^ω^)
ちなみに昨年にもウェルズ・ファーゴのCEO候補になってたからね。私凄すぎる…

日本におけるシティグループ証券

日本におけるシティグループ証券の概要は次のとおりです。

会社名シティグループ証券株式会社
代表者リー・ロバート・ウェイト(CEO)
所在地東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング
社員数826名(2021年12月)
会社HPhttps://www.citigroup.jp/

シティグループ証券の部門

シティグループ証券は、2022年時点で次の5つの部門で構成されています。

【シティグループの部門】

  • バンキング・キャピタルマーケッツ&アドバイザリー部門
  • マーケッツ部門
  • セキュリティーズ・サービス部門
  • トレジェリー&トレード・ソリューション部門
  • リサーチ部門

バンキング・キャピタルマーケッツ&アドバイザリー部門

バンキング・キャピタルマーケッツ&アドバイザリー部門では、法人顧客に対して多岐にわたる金融商品とサービスを提供しています。

具体的なサービスは次のとおりです。

コーポレート・バンキング日本および海外で事業を展開する事業法人や金融法人顧客に、広範な金融サービスを提供。
インベストメント・バンキングM&Aアドバイザリー、株式や債券による資金調達サービスを提供。
キャピタル・マーケット株式の新規上場、債券の新規発行、クロスボーダー取引への変換、最先端の仕組み商品など、さまざまなサービスを提供。

シティグループ証券のインベストメント・バンキング(投資銀行部門)は日本でも高いプレゼンスを誇っており、M&A財務アドバイザー案件ランキングでも毎年上位にランクインしています。

出所:Bloomberg

マーケッツ部門

マーケッツ部門では、企業、機関投資家、政府・行政機関といったお客様に、金融商品・サービスを提供しています。

全てのアセットクラスと通貨を通じて、引受、市場売買、流通における強みを活かし、卓越した実行力でお客様のニーズに応えていきます。

債券国債・政府保証債・財投機関債・地方債・事業債などの伝統債、証券化商品などのストラクチャード・ファイナンス、クレジット・デフォルト・スワップなどの新しい金融商品
エクイティ上場・店頭株式、転換社債デリバティブズ・仕組商品、プライム・ブローカレッジ、証券金融

セキュリティーズ・サービス部門

セキュリティーズ・サービス部門では、カストディ(資産管理)、クリアリング(決済業務)、ファンドサービス、担保管理、エージェンシー・レンディングなど、証券投資に付随した機関投資家・事業法人向けサービスを提供しています。

カストディ・ファンド・サービス本邦投資家が海外投資(アウトバウンド)によって外貨建て資産を保有する際に必要となるグローバル・カストディを提供
ダイレクト・カストディ・クリアリング海外投資家が日本へ投資(インバウンド)する際に必要な円資産の保護預かり、決済機能となるローカル・カストディを提供

トレジェリー&トレード・ソリューション部門

トレジェリー&トレード・ソリューション部門では、キャッシュ・マネジメント、ワーキング・キャピタル、トレード・ファイナンスに関する一体的なソリューションを世界中の多国籍企業、金融機関、公的機関に提供しています。

キャッシュ・マネジメント・サービスグローバルな商品群を利用してお客様のトレジャリーシステムとシティの決済システムのインターフェイスを確立し、円滑な支払と回収のプロセス実現のためのソリューションを提供
貿易金融ウェブベースの簡単で迅速なサプライヤー・ファイナンスを国内の売買取引のみならず海外の売買取引にも提供。

リサーチ部門

リサーチ部門では、国内外の顧客に向けて、マーケット情報を提供しています。

  • エクイティ
  • 債券
  • 経済
  • マーケット分析
  • プロダクト分析

各セクターのプロフェッショナルが、質の高い調査レポートを作成しています。

金融・コンサル・商社などハイクラスの求人を探すなら
リクルートダイレクトスカウト

シティグループ証券の平均年収

次に、シティグループ証券の平均年収を、決算資料と口コミサイトを参考に見ていきましょう。

Annual Reportでみる平均年収

シティグループ証券の平均年収を、同社が公表している直近のAnnual Reportから計算してみました。

報酬・福利厚生(Compensation and benefits)÷社員数(Number of employees)

【シティの平均年収(Annual Report)】

25,134,000,000USD÷223,000名=112,708USD
112,708USD×115円=12,961,479円

※1USD=115円換算(2021年末日のレート)

シティグループ証券が公表しているAnnual Reportによると、社員の平均年収は単純計算で約1,296万円であることがわかります。

シティグループ証券が粉飾決算でもしていない限りは情報源としては信頼できますが、次の点に留意すべきです。

  • Personnel Expenses項目では派遣社員やコンサルタントへの報酬も含まれる➡︎正社員の報酬はより高水準の可能性があること
  • 役職によりかなり開きがあることを考慮していない➡︎就活生や若手社員にとっては違和感のある値になっていること

参考までに、外資系投資銀行の役職と推定年収を示しておきます。

役職役割年数年収
アナリスト若手ポジション1〜3年目750〜1,200万円
アソシエイト中堅ポジション4〜6年目1,200〜2,500万円
ヴァイス・プレジデント(VP)役職ポジション7年目〜2,500〜5,000万円
マネージング・ディレクター(MD)幹部ポジション実績による5,000万円〜5億円

財務データでみる平均年収

日本法人であるシティグループ証券でも財務データが公表されているので、Annual Reportと同様の手順で推定平均年収を算出します。

【シティの平均年収(財務データ)】

17,713,000,000円÷826名=21,444,309円

シティグループ証券の日本法人が公表している財務データを参考にすると、同社の平均年収は2,144万円であることがわかります。

外資系投資銀行としては、妥当な水準ではないでしょうか。

口コミサイトでみる平均年収

口コミサイトのopenworkによると、シティグループ証券の平均年収は次のとおりです。

【シティの平均年収(口コミ)】

回答者の平均年収:1,712万円

参考:openwork(2022年6月9日)

財務データより低いですが、回答者の多くが若手や中堅であることを考慮すると、妥当な水準です。

いずれにしても、さすが外資系証券会社だけあって、かなりの年収が期待できます。

金融・コンサル・商社などハイクラスの求人を探すなら
リクルートダイレクトスカウト

年収・給与に関する意見

同じくOpenWorkにある「年収・給与」に関するコメントのなかで、参考になるものをいくつかご紹介します。

給料の交渉⼒、上司から好かれる愛され⼒等も含めて完全な実⼒主義社会と⾔うことができ、業界全体で共通だろう。ただしボーナスについては会社⾃体が儲ける⼒がまず最初に来てしまうため、個⼈のパフォーマンスが素晴らしくてもそれほどもらえないことがある

新卒で800万くらい。何もできない新⼈には⼗分。新卒は会社の業績に⼤きくは左右されないので、安定している。

新卒⼊社時学部卒600万、修⼠700万円にボーナス。⼆年⽬以降は営業では650万以上のベース+ボーナスは会社の収益、チームによりかなりのばらつきがある。トレーダーは、個⼈、チーム業績により全く異なるが、営業より⾼めである印象。

シティグループ証券の新卒採用

シティグループ証券の新卒採用情報をお伝えします。外資系証券会社に興味のある就活生はご参考ください。

新卒採用部門

投資銀行・法人金融部門:バンキング・キャピタルマーケッツ&アドバイザリーは、法人顧客の皆様に信頼されるファイナンシャル・パートナーとして、多岐にわたる金融商品とサービスを提供しています。

採用フロー

1.エントリー
採用ページよりエントリー。エントリー後2週間以内に選考通過者に対してのみ、次の選考について連絡がきます。
2.書類選考
履歴書を提出。合否結果は、2週間以内を目途にEメールまたは電話がきます。
3.人事面接
採用担当者による一次面接を行います。ご自身がこれまでに力を注いできたこと、シティで発揮できる強み、希望する職務について話し合います。
4.部門面接・適性検査
採用予定部門の関係者および部門付き人事担当者との面接を行います。具体的な業務内容、職務内容について話し合います。
5.内定
採用通知書を受け取り、労働条件等について確認するためのオファー面談を実施します。

初任給

【シティの初任給】

  • 大卒:650万円/年
  • 院卒:700万円/年

※部門部署によって異なる

採用大学・学歴フィルター

シティグループ証券には学歴フィルターが確かに存在します。

人脈形成において学歴がポジティブに作用する場合が多く、この点を採用者も当然わかっています。厳しい表現ですが、わざわざ低学歴というハンデを抱えた人員を雇う必要はないのでしょう。

といえは、高学歴でなくてもすでに幅広い人脈を築いている学生や、面接を通して富裕層顧客やシティ社員と上手くコミュニケーションができそうであれば、有名大出身でなくても採用する可能性はあるでしょう。

出所:慶應義塾大学「就職関連情報」

各大学の就職データを手探りで探してみても、3名以上採用されているのは慶應義塾大学ぐらいでした。

引き続きリサーチしていきますが、実績から考慮しても、高学歴であればあるほどシティグループ証券に採用されやすいのは間違いないでしょう。

4年連続学生利用率No.1のオファー型就活サイト↓
OfferBox

ES作成、GD・面接対策など人事目線で総合サポート↓
キャリアチケット

おすすめの就活サービス

シティグループ証券をはじめとする外資系投資銀行を目指す学生におすすめの就活支援サービスは【dodaキャンパス】【OfferBox】【ビズリーチキャンパス】です。

dodaキャンパス・人気企業から早期インターンや採用オファーが届く
オファー受信率97%で内定獲得率UP
OfferBox・自己分析を通して93%以上の学生オファーが届く
・利用学生数22.7万人で利用率No1の実績
ビズリーチキャンパス・オンラインで効率的にOB/OGができる
・有名企業の社会人と面談できる
※スマホの場合は右スクロールで各サービスの特徴が分かります

いずれも無料で登録も2分程度で完了します。複数サービスを活用して、効率的に就活を進めると良いでしょう。

シティグループ証券への転職

次に、シティグループ証券のキャリア採用情報をお伝えします。同社や外資系投資銀行に興味のある方はご参考ください。

中途採用での募集職種

2022年6月時点で、シティグループ証券は72の職種を中途採用で募集しています。

気になる方は、シティのグローバルサイトで募集職種を確認すると良いでしょう。

CITI:Search & Apply for Jobs

有利になる資格

シティグループ証券に転職するにあたって有利になる資格は次のとおりです。

  • 証券アナリスト(CMA):金融・財務実務に必要な基礎知識を証明できる
  • CFA:一定レベルの金融知識と英語力を証明できる
  • MBA:外資系金融業界に必要な思考力や人脈を証明できる

上記の資格はシティグループ証券などの外資系投資銀行に転職するにあたって有利になるので、積極的に挑戦しましょう。

各種資格の勉強方法やおすすめの教材を発信している記事もあるので、併せてご参考ください。

証券アナリスト【2022年最新版】証券アナリスト資格の試験概要・難易度・勉強時間を解説
【証券アナリスト】証券分析の勉強法と参考書を合格者が解説

おすすめの転職サービス

シティグループ証券など外資系投資銀行への転職を目指す方におすすめの転職サービスは、リクルートダイレクトスカウコトラです。

リクルートダイレクトスカウはリクルートが運営するハイクラス特化型の転職サービスであり、外資系金融やコンサルなどの求人数が業界トップクラスです。

金融・コンサル・商社などハイクラスの求人を探すなら
リクルートダイレクトスカウト

コトラは金融業界とコンサルに強い転職サービスであり、投資銀行業務やマーケット業務など金融専門職の求人数が業界トップクラスです。

金融専門職の求人数を重視するなら↓
コトラ

どちらも無料登録も1〜3分程度で完了するので、複数のサービスに登録して非公開求人を全てチェックし、各サービスの強みをそれぞれ享受すると良いでしょう。

転職した人の評判

世界中の同僚と英語を使いながら⽇々業務を⾏う必要があったため、必然的に英語スキルは伸びました。⽇本とは違う価値観をもつ同僚とのコミュニケーションは意外と難しく(業務に対する責任感の違い等)、その点でも成⻑できたかと思います。

⼥性社員も多く活躍されており、⼥性の管理職の⽅も多くいらっしゃいます。男⼥間での待遇に差があると感じたことはありません。また産休・育休後に復帰し、⼦育て中は時短勤務をされる⽅もいるため、⼥性の働きやすさは良い⽅ではないかと思います。

アナリストの仕事はどの会社にいても基本的には同じですが、グローバル⾦融機関として世界中の同僚と共通するテーマについて議論を重ねることは、国内系証券会社にはない⼤きなメリットだと思います

シティグループ証券の著名人

藤川 大策氏

藤川大策氏は早稲田大学を卒業後、UBSに6年間、日本興業銀行(現みずほフィナンシャルグループ)に16年間勤務した後、2006年に債券資本市場部長としてシティグループ証券株式会社に入社。

2019年2月にシティグループ証券株式会社の副社長投資銀行・法人金融部門共同部門長兼資本市場統括本部長に着任。

藤川大策氏はプロのピアニスト・作曲家として、D flat(ディー・フラット)としても活動している。

藤田 勉氏

藤田 勉氏は、上智大学を卒業後1982年に山一証券に新卒入社し、85年には85年に米国ニューヨークに派遣。山一證券が破綻した後は、シティグループ証券に移籍し、取締役副会長まで上り詰めた。

現在は一橋大学大学院の教員、シティグループ証券及びRIZAPグループの顧問を務める。

シティグループ証券のニュース

最後に、シティグループ証券の直近のニュースをまとめておきます。

日本で法人用コマーシャルカード事業を開始

シティは、コマーシャルカード事業をシティバンク、エヌ・エイ東京支店において開始したことを発表しました。VisaとMastercardのネットワークを通じて、経費清算カード、パーチェシングカード、バーチャルカードなどを含む円建てのコマーシャルカードサービス(クレジットカードサービス)を提供します。本事業は、トレジャリー・アンド・トレード・ソリューションズ部門(TTS)が、法人顧客に向けて展開します。

2022年6月1日

株式ストラテジストに阪上亮太を採用

シティグループ証券株式会社は、本日付けで、株式ストラテジストに阪上亮太(さかがみ・りょうた)氏を採用しました。同氏は、株式ストラテジストの職責に加えて調査部門の副部門長として日本におけるシティのESG調査分析の提供を推し進める役割を担います。

2022年5月6日

サステナブル・ディベロップメント・ボンドを引受

シティグループ証券株式会社は、世界銀行(正式名称: 国際復興開発銀行(IBRD)、ムーディーズ: Aaa、スタンダード&プアーズ: AAA)が本邦生命保険会社向けに発行する総額5億1,600万豪ドル建てのサステナブル・ディベロップメント・ボンド発行において取扱証券会社に指名されました。

2022年4月26日

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP