実用的な投資・キャリア情報にアクセス

自己紹介

自己紹介(クラッド)

はじめに

この度、ご縁がありましてMarketPass様にも記事を投稿させて頂く事になりました。

お初の方も、既知の方も、こんにちわ。クラッドです。

私は他の投稿者様と違い本物の金融畑を歩んだりしたわけではありません。投資の知識も人並みあればいい程度の人間となります。

皆様に提供できる話としましては【地政学】関連の話題がメインとなると思います。

とは言え、この地政学自体も色んな書籍を読み漁り、自分なりに考えていった結果ですので、専門の学部学科にて学んだという事ではありませんので、悪しからず。

あくまで1見解、1意見として見て頂けますと幸いです。

実際の活動としましては、noteの方にて【クラッドの地政学シリーズ】として、世界の国々の色んな情報をまとめつつその国の地政学について考察している記事を書いています。

リンクはこちら:https://note.com/kura_x_tudo

さて、前置きはこれくらいにして、自己紹介と半生紹介をしようと思います。割と下らない感じとなり、少し長めの文章となりますがお付き合いし頂ければ幸いです。

自己紹介と半生紹介

学生時代:前半

岡山県出身の1992年生まれの♂です。

小学校時代の頃から、何故か歴史が好きな少年でした。しかも、第二次世界大戦とかが大好きな少し頭のおかしい少年でした。

もしかしたら、地政学に興味を持つ根源はこの時代からあったのかもしれません。

ちなみに、新聞とかニュースの国際欄に興味津々でした。中学校時代には歴史と地理の教科書をひたすら読み漁り、特に明治維新以降と世界の産業革命以降の歴史を何度も読んでました。

何度も繰り返していた効果もあり社会科目は非常に成績が良かったです。当時は資源は大事だなぁとか環境問題は大変だなぁといった感想を抱いていました。

この時代は地球温暖化の進行に対して特に世間を賑わす様な時代でしたので、自ずと環境問題に興味関心を持つ様になっていきました。

そして、ここから人生の選択と自分の適性の乖離が生じていきます・・・

理系が全く得意ではない癖に、理系の道を選択していきます。

中学の成績は総じて悪くなかったため、推薦で高校の理系クラスに合格。そのまま進学していきます。

高校時代は理系クラスだけあって、自分より理系ができる人間が多くいました。とは言え、総合成績は大体クラスの4分の1以上を3年間キープしていました。

ひとえに、苦手な科目もすべて丸暗記じゃ・・・!というスタンスでテストを凌ぎ続けた結果です。

この時代、世界史では学年1位を何度も取り、地理では偏差値70あたりを叩き出すという完全に進路をミスっていると言われ続けるクラッドでした。

なお、化学とか物理はクソでした。マジで進路考えろって感じです。

しかし、中学時代に持っていた1つの夢として、【将来は水関係の仕事に就きたい】という思いがあったので、そのまま苦手な理系科目を努力と丸暗記でなんとかしていきました。

その後、見事?に大学にも合格・・・!

まぁ、総合成績自体悪くなく、コツコツ努力をしていった成果だと思います。

大学時代、無理してどちらかというと適性がない理工学部に進学したクラッド・・・。

将来の目標のために頑張る所存で岡山県を離れ県外の大学へ進学します。でも、残念な事に、俺が、学びたいと、思っていた、教授とは、全く馬が合わない

という悲劇が待ち受けており、一回生の時点でほぼやる気を失います。そして、高校時代の友人に誘われ【Twitter】を始めツイ廃としての道を歩み始めます。

学生時代:後半

Twitterデビューを果たし、見事に大学デビューをミスって友達がほぼ皆無なクラッド。

そして、長年の目標としていた将来への進路も失い、ぶっちゃけ何しに県外に出たのか不明なクラッド。

元来がクソな性格のため、やる事も特別ないので、そのままTwitterで今まで出会う事がなかったたくさんの人と絡みだし、日本全国に知り合いが生まれていきます。

なお、当時はアニメとかラノベとかのサブカルメインでした。オフ会も大学2年?くらいに初めてやります。

Twitterにドハマりした結果、自他共に(現在でも)【ツイ廃】と称される様になります。まぁ、そのお陰で今でもたくさんの人と知り合っているので、幸せですけどね。

そして、ツイ廃ライフと同時で将来へのお金の心配から資産運用に関心を持ちます。アホな子なので、よくわからずFXとBOに手を出してそのまま地獄へ突き進んでいきます・・・。

己の感情を制御できないヤツは為替取引をしたらダメ、絶対。人生破滅しちゃうから。ツイ廃しつつ、為替で地獄を見つつも、ちゃんと単位は取得していたクラッド。

問題なく卒業しますが、正直労働は全くしたくないまま就職活動に突入します。

皆、大学時代はクソみたいな生活を送ってるくせに、就職活動になった途端、真面目な事しか言わず、画一的なリクルートスーツに包まれ、己の良い面しか言わないあの、何とも言えない光景、クラッド的には嫌悪感しか抱けませんでした。

とりあえず、あんまやる気もないまま上場の小売業に内定を出し、就活終了。そのまま卒業し、地元の岡山に戻ります。

社会人

よくわからないまま、小売業の会社に内定をもらったクラッド。何やかんやあって(省略)3年ほどで退職。

理由?給料がクソで休みがないから。年間休日100日前後で年収300万もないとかクソくらえ。

そして、2社目に転職。年間休日が120日で賞与も4.5か月と求人にあるし、1社目より断然給与も増え、休みも増えるからいい会社に内定もらった!となる。

実際、年間休日は120日以上あり、有給も余裕で使える会社だった。周囲の人も非常に良い人ばかりで、今でも連絡取る人が多い様な会社だった。

しかし、会社の、創業者が、マジで、クソ野郎だった。ざっくり言うと、老害パワハラ野郎で、俺の上司の多くは心にダメージを負い

病めて(辞めて)いった・・・・・・。

クラッドも、仕事で心病むとかねえわ、ありえねぇわと思い転職を決意。なお、賞与は1か月くらいしかありませんでした。何これ求人詐欺怖い。

そして、友人の紹介で3社目に内定をもらう。

希望していた関東勤務であり、2社目と比較して同じくらいの年間休日であり、年収も150万ほど増える(300万→450万)という!!!!!!!文句なしの案件でした。

そのまま速攻で2社目の退職と3社目での勤務を承諾。しかし・・・・・・・・・・・・・・関東の洗礼を浴びる事となる。

クラッドの配属部署の上司が社内でもサイコパスと称される人物であり、録音しているクラッドのお客様対応を聞き、1日中1から10まで全てダメ出しをされる日々を数か月過ごす・・・・。

だんだんと、心に負荷をかけていき、ストレスが限界を超えてからは職場に行くだけで気分が悪くなり、手の震えが止まらなくなり、朝起きたら突然涙が出るようなそんな状態に陥っていた。

精神クリニックに行くと、1発で【適応障害】と診断され、そのまま休職からの退職へ・・・。

割と冗談抜きで心に傷を負ったクラッド。色んな人から傷病手当もらったら?とか、無理して働かない方がいいよ?とかアドバイスを頂く。

ただ、クラッドは己の性格を熟知していた。楽な方へ、楽な方へと選択してしまう事を。

ここで、勤め人として、歩みを止めてしまえば、俺はもう、二度と歩み出せない。そう思ったクラッドは適応障害が完治しないまま、転職面接を行い、とりあえず派遣会社経由で製造業に就職を果たす。

だが・・・ここでも・・・クラッドは、社会の闇に呑まれる事となる・・・。

4社目

某大手車両メーカーの組み立て工程に配属される。(属に言うライン工)

ここがとんでもなくドきついとこで、1日の疲労が尋常ではない仕事であった。月2回の休日出勤と残業40時間程度で手取りは30万未満。

今までの給与的には悪くはなかったが・・・日々の精神的摩耗と肉体的疲労の蓄積が半端なかった。

手の指先は炎症が治る事なく、就寝後、ベッドから起き上がろうとしたら全身筋肉痛で寝返りがうてなく、毎日全身に湿布をはり、ボルタレンを週1ペースで使い果たし、定期的に筋肉痛緩和剤を服用し、栄養ドリンクとエナジードリンクを飲みまくる日々でした。

ただ、4か月ほど経過した段階で、身体の疲労が限界を超えてしまったらしく、38.3度程度の高熱を出し、倒れ、3日ほど胃腸炎に苦しみました。

この時、このままだと本当に身体を壊してしまうと思い、退職しました。なお、現在の5社目の面接の際、この胃腸炎でした(気合と根性だけでやり切りました)

そして、5社目に何とか内定が出て、今に至ります。


と言った様な人生を歩んでいます。長々と自分語り、失礼しました。

今後はnoteとは別の切り口で、地政学に関する記事をMarket Passで更新していきます!

最後までお読み下さりありがとうございました!

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

  • 投稿者情報
  • この投稿者の新着記事
クラッド

クラッド

地政学の執筆家

転職を繰り返し5社目で期間工の仕事に落ち着く。期間工をしながら生活費を抑制し、余力資金を全力で投資に振り向ける。/ 独学で【クラッドの地政学シリーズ】として、世界の国々について地政学的な視点を織り交ぜつつ執筆活動を行う。/ よろしくお願いしますm(__)m/ フォロワー3,300人(2021年11月時点)

  1. 【地政学シリーズ 国家・地域編】ロシア連邦 世界の全陸地の1割を有し、現行の世界秩序を大きく揺るがす世界最大の大陸国家!

  2. 【地政学シリーズ 基礎編】地政学の基礎

  3. 【地政学編:日本】世界有数の技術・経済を有する世界第6位の海洋大国!

コメント

この記事へのコメントはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP