実用的な投資・キャリア情報にアクセス

DCプランナー

【合格者談】DCプランナーのメリット・デメリット

今回はDCプランナーを取得するメリット・デメリットを発信していきます。

同資格や金融業界に興味のある方はご参考ください。

DCプランナーを取得するメリット

まず初めに、DCプランナーを取得するメリットについてお伝えします。

【DCプランナーを取得するメリット】

  • DCに関する深い知識が身に付く
  • 資産運用の知識が身に付く
  • 金融業界への転職に活かせる
  • 他の資格の土台になる

DCに関する深い知識が身に付く

DCプランナーでは、名前にもあるようにDC(確定拠出年金)について体系的に学習していきます。

DCの仕組みや関連税制、加入者・企業側のメリット・デメリットをなどを学習します。DCを利用する個人と導入する企業の両方の立場でDCについて学習できるのです。

DCのプロになるための唯一の資格と言えるでしょう。

資産運用の知識が身に付く

DCプランナー資格ではDCに関する内容だけでなく、投資や資産運用に関する分野もガッツリ学習します。出題科目の一つになっているほどです。

投資のリターン・リスクの考え方や、株式や投資信託などの各種金融商品の特徴について学習することで、資産運用の知識も身につけることができます。

金融業界への転職に活かせる

DCプランナーを取得すると金融業界への転職の際に有利になる場合があります。

上記の求人でもあるように、金融機関のDCを扱う業務において、DCプランナーの取得が希望要件として記載されています。

DCプランナーは金融業界への転職に活かせる資格であることが分かりますね。

他の資格の土台になる

DCプランナーで学習する分野は幅広く、投資・資産運用、年金制度、ライフプラン・リタイアメントプランを学習します。

これらの分野はファイナンシャル・プランナーやプライベートバンカーなどの人気資格と共通しているので、それらの土台となる知識を身に付けることができます。

DCプランナーを取得するデメリット

次に、DCプランナー資格のデメリットをお伝えします。

【DCプランナーのデメリット】

  • 活用できる業界が狭い
  • 独立には使いづらい

活用できる業界が狭い

DCプランナーは金融業界等への転職の際に活用できますが、実際に活用できる業界は限られています。

投資や資産運用に関する知識は身につくものの、それであればファイナンシャル・プランナーや証券アナリストの方が汎用性が高いです。

あくまで金融業界のDCを扱う部門では有用、という認識が必要だと言えます。

独立には使いづらい

DCは投資信託や仕組債とは異なり、販売員目線では比較的収益性の低い商品です。

DCのみを販売する(導入を勧める)営業マンとして独立することは難しいと言えます。

そのため、DCプランナーは独立に使えるほどの資格ではないと認識すべきでしょう。

最後に

DCプランナーのメリットとデメリットをお伝えしました。

具体的な難易度を解説している記事や、各級の勉強法を発信している記事もあるので、併せてご参考ください。

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

コメント

この記事へのコメントはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP