実用的な投資・キャリア情報にアクセス

宅地建物取引士

【合格者談】宅建を取得するメリット・デメリット

今回は宅地建物取引士資格を取得するメリット・デメリットをお伝えしていきます。

宅建を取得するメリット

宅建を取得するメリットは様々ありますが、代表的なメリットは次の4つです。

【宅建を取得するメリット】

  • 独占業務がある
  • 不動産に関する体系的な知識が身につく
  • 就職・転職に有利になる
  • 自信に繋がる

独占業務がある

宅建を取得して宅建士として登録すると、宅建士の独占業務を行うことができます。

宅建士の独占業務には次の業務があります。

【宅建士の独占業務】

  1. 重要事項説明:不動産の買主・借主が取引物件に対して正しい判断ができるよう、その材料を提供します。
  2. 重要事項説明書への記名・押印:重要事項説明書に記載されている内容に誤りがないかを確認し、記名・押印します。
  3. 契約後交付すべき書面への記名・押印:契約内容を確認し、責任を明らかにするため記名・押印します。

上記の業務は宅建士として登録されている者しか行うことができない独占業務であるため、宅建資格は手に職を持つことができる資格と言えるのです。

不動産に関する体系的な知識が身に付く

宅建を学習するメリットはやはり不動産に関する体系的な知識が身に付く点です。

誰しも家を売買・賃貸すると思いますが、その際に必要となる知識を学習できます。

「不動産業者に支払うべき手数料は?」
「間取りや周辺施設の情報は信じていいのか?」
「敷金・礼金の適正金額は?」

このような消費者目線としても役立つ知識をたくさん学ぶことができます。

受験者が多いのも生活に結びついた資格だからと言えますね。

就職・転職に有利になる

宅建資格を取得すると就職や転職の際に有利になります。宅建が活用できる業界は幅広く、難易度も高いため、採用担当者からはポジティブに評価されます。

上記の求人は大手不動産会社の三井住友トラスト不動産のものです。赤線にあるように、宅建士の資格が歓迎要件とされています。

また、三井住友銀行の不動産系業務の求人でも宅建資格が優遇条件とされています。

不動産業界はもちろん、金融業界でも幅広く活用できる資格なので、これらの業界に就職・転職を検討している方におすすめと言えます。

自信に繋がる

宅建資格を取得すると自信になることもメリットと言えます。

合格率が20%弱であり十分難関資格に該当するので、その試験を突破できたことは自信を持つに値します。

宅建の難易度や合格率を含めた試験概要を知りたい方は、下記の記事をご参考ください。

宅建を取得するデメリット

次に、宅建を取得するデメリットについてお伝えします。

【宅建を取得するデメリット】

  • 難関資格の割に待遇が低い場合がある
  • 不動産に興味が持てないと致命的

難関資格の割に待遇が低い場合がある

宅建資格が幅広い業界に活用できる資格ではありますが、やはり直接的に生きる業界は不動産仲介業界です。

そして不動産仲介業界の年収ですが、平均的な水準に留まっており、資格取得に対するコスパが悪いと言えます。

出所:Career Picks

キャリアにおいて年収を重視する方には、宅建資格はやや不向きと言えるかもしれません。

しかし、大手の銀行や証券会社などの年収の高い業界でも宅建資格保有者を積極的に採用しているので、不動産仲介業界に絞らなければこの限りではありません。

不動産に興味が持てないと致命的

宅建試験では不動産取引に関する知識、法令、税金などが出題されるため、不動産に1mmも興味が持てない方には地獄のような試験と言えます。

ファイナンシャル・プランナーやプライベート・バンカー資格であれば、不動産科目は出題されるものの他の科目でカバーできますが、宅建では不動産を毛嫌いしたら一発OUTです。

それだけ専門的な資格試験であることを意味しますが、どうしても興味が持てない方にはおすすめできない資格と言えます。

最後に

今回は宅建資格を取得するメリット・デメリットをお伝えします。

他にも宅建資格に関する記事が様々なあるので、併せてご参考ください。

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

コメント

この記事へのコメントはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

PAGE TOP