実用的な投資・キャリア情報にアクセス

基礎知識

【注意】証券会社の分別管理

証券会社は銀行ではない

投資信託であれば銀行でも取引ができますが、普通株やETFを取引きしたいと思うと証券会社との付き合いを避けられませんね。

さて、証券会社は銀行ではありません。

何当たり前のことを言っているの?と言われそうですが、実はこの違いは「いざ」という時には非常に大事なことなのです。

証券会社と銀行の違い

証券会社と銀行の一番の違いは「決済機能」です。

たとえば、クレジットカードの請求額の支払い、公共料金の支払い、給与振込、年金の受け取りなどは証券会社の口座ではできません。

銀行の「決済機能」ではじめて完結します。

その重要性を鑑みているからでしょうか、銀行の預金には「預金保険制度」があり、1銀行に対して元本1,000万円までは経営破綻時に保護される制度があります。

銀行で扱う商品と言っても保護の対象にならないものもありますので、詳しくは、預金保険機構のwebsiteをご覧ください。

よって、証券会社で有価証券取引をしたいと考えた時、口座を開いたあとに必要なことは現金を入金することです。

これも、証券会社が決済機能を持たないからこそ必要な手続きです。

すでに取引がある銀行で投資信託の窓口販売を利用する場合には、既存の口座から資金を調達すればいいのですが、証券会社はそういうわけにはいきません。

証券会社に入金したお金の行方

証券会社に仮に100万円新たに入金したとしましょう。

さて、そのお金がどのような扱いをされるかご存知でしょうか?

結論から申し上げると金融商品取引法43条2項により、「分別管理」の対象となります。

多くの証券会社では入金されたお金でMRFという「投資信託」を買っています。

MRFとは?

「マネー・リザーブ・ファンド(Money Reserve Fund)」の略で、短期公社債などで運用をする証券総合取引口座専用の投資信託です。

MRFは、信用度が高い内外の公社債およびコマーシャル・ペーパーを中心に投資し、元本の安全性に配慮しながら、安定した収益の確保をめざす公社債投資信託です。

近年は低金利のため分配はほとんどありません。

分配がほとんどないとはいえ、MRFが「投資信託」であることは証券会社が万が一破綻した時に重要なファクターです。

投資信託は、販売会社・運用会社・信託銀行といった各機関がそれぞれの役割を果たすことで、成り立つ金融商品です。

証券会社は販売会社です。

販売会社は投資信託の取引をする際に窓口となり、投資家とお金のやりとりを行いますが、お金は販売会社を経由して、信託銀行が信託財産として管理しています。

したがって、販売会社が破綻したとしても、信託財産に影響はありません。

販売会社の破綻時には保有していた投資信託が別の販売会社に移管され、移管先の販売会社で引き続き取引することが可能ですから、入金と同時にMRFを買っていれば、入金したお金は万が一の場合に保護されることになります。

投資信託や普通株、債券等は有価証券と呼ばれますが、有価証券は現金とは別に「分別管理」されることになっています。

これは、証券会社で保有していた有価証券を売却して決済された資金についても同様です。売却資金も即座にMRFを買う約款であれば、資金が「現金」で存在することはありません。

一部の証券会社では、系列の銀行と提携して現金を即日で銀行の残高として吸い上げる仕組みがあります。

例えば楽天証券と楽天銀行のマネーブリッジのような仕組みです。

この仕組みでは、楽天証券に現金の残高が残ることがありません。有価証券を購入する際も、楽天銀行の残高=買付可能残高とみなされる仕組みです。

出典:楽天証券

現金でMRFを買う、あるいは系列の銀行との間で入出金するという仕組みがない場合があります。

この場合、証券会社の「預り金」という勘定に現金が滞留することになります。

「預り金」は信託銀行に預けられて分別管理されることが多いようです。

出所:野村證券

証券会社との取引状況によっては、現金をMRFと自動取引しないケースがあります。

出所:マネックス証券

このような場合は、預り金がMRFの残高にならず、信託銀行に預けられるということです。マネックス証券のwebsiteには以下のような掲載がありました。

出所:マネックス証券

あってほしくはないことですが、証券会社が分別管理を怠って顧客の預かり金を流用していた場合であっても、証券会社が加入を義務付けられている「投資者保護基金」によって、1000万円まで補償されます。

万が一に備えておぼえておきたい証券会社の資産管理の話でした。

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

  • 投稿者情報
  • この投稿者の新着記事
おせちーず

おせちーず

CFP、FP1級、日本証券アナリスト協会認定証券アナリスト

#セミリタイア #サイドFIRE な"ゆるワーカー"/CFP、FP1級、日本証券アナリスト協会認定証券アナリスト/TOEIC950/サッカーは雑食だけど川崎Fサポ/MBAホルダー/がんサバイバー/投資歴約31年/旅/某大学非常勤講師 #優待 #おせちーずファーム #花「おせちーず」は自宅のぬいぐるみたちの総称 | フォロワー7,700人(2021年11月時点)

  1. 自社株買いアナウンスの考察ポイント

  2. 「行列」なしでは経済波及効果を計算できない

  3. レイ・ダリオが開発した「国力インデックス」

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP