実用的な投資・キャリア情報にアクセス

基礎知識

ポジションホルダーの損切りを利用したエントリーの実践方法【テクニカル】

こんにちは、かずです。

今回は「ポジションホルダーの損切りを利用したエントリーの実践方法」について解説します。

今回は、自分でエントリーポイントを探るというよりむしろ、「相手のポジションホルダーがどこで損切りを入れているか?」を推測し、その損切りを利用してエントリーするという方法です。

ボジションホルダーの損切りラインを見極めることで次のようなメリットがあります。

  • そのラインを割ると一気に相場が進む
  • 多くのポジションホルダーが損切りを入れるポイントで入るので勝ちやすい

【本記事の構成】

  • ポジションホルダーが損切りをいれるポイントを水平線で見極める方法
  • 損切りラインの水平線で、損切り方向にエントリーすることでブレイクアウトを狙う手法

そして、毎回のおさらいになりますが、以下を意識して下さい。

【投資における重要点】

  • 投資とは、確率的優位性を追求した先の期待値の積み重ねである
  • 確率を高めるために、あらゆる手法は存在する(僕の場合はテクニカル分析)

これを踏まえて、様々なテクニカル手法を組み合わせることで「確率の優位性」を高めることができる、と考えています。

今回は「損切り狙い」の具体的な見極め方を紹介をしますが、以前の「フィボナッチリトレースメント」「水平線」「チャート反転パターン」「マルチタイムフレーム分析」「逆トレンドブレイク」など、全ての記事を復習しながら読んでいただけると、よりテクニカル分析への理解が深まると思います。

フィボナッチリトレースメント【テクニカル分析】フィボナッチリトレースメントの実践的使い方!
水平線ライントレードの実践方法!水平線の引き方と活用法
チャート反転パターン【テクニカル】チャート反転パターンを利用したエントリーの実践方法
マルチタイムフレームワーク【テクニカル分析】マルチタイムフレーム分析を利用したエントリーの実践方法
逆トレンドブレイク【テクニカル】逆トレンドラインからのブレイクアウトを利用したエントリーの実践方法

ぜひ、過去の記事も復習し、実践に生かしてみて下さい。

また、ブログ・YouTubeでも、テクニカル分析や資産形成について発信しているので、併せてチェックしてみてください!

ブログ:確率を制するものは人生を制する「数学・確率・統計テクニカル分析での投資手法」
Youtube:Drかずの投資チャンネル「投資を数学・確率・統計的に考察する」

では、「ポジションホルダーの損切りを利用したエントリー方法」を解説していきます。
今回の記事では「買い(ロング)」の場面の1例としてNASDAQと、金(ゴールド)の場面を紹介しようと思います。

ポジションホルダーの損切りを見極める

「売り(ショート)」を入れているホルダーがどこで損切りをいれるかを推測

こちら、何度も紹介しているNASDAQの日足チャートです。

2022年の年初以来、大きく下げ相場でダウントレンドが継続してきました。

このシリーズで何度もお話していることですが、完成したチャートを使って「後付でほら?ここでエントリーしたら勝つでしょ!」という解説しても何の意味もありません。

チャートの先が見えない状況で解説していきますので、皆様も先を推測するように記事をすすめていって検証しているつもりで読み進めてください。

さて、この場面はダウントレンドですので「戻り売り」などのショートを仕掛けているホルダーが多いはずです。

4時間足チャートに落とし込んでみましょう。

上のチャート(4時間足)のようにダブルトップ(チャート反転パターン)を背景に13980あたりの水平線でサポレジ転換して、戻り売りが入りやすい場面です(緑丸)

ダブルトップと水平線に関しての復習は以下の記事を参考にして下さい。

さて、緑丸の部分で売りをしかけたホルダーは見事思惑通りに相場は下落し、含み益状態になっていますね。

どこかで損切りを入れる可能性があるとして、皆さんであればどこに入れるでしょうか?

売りの損切りは基本的に直近の高値付近に入れることが多いので、13980の水平線の少し上に入れていると推測できます。

と、いうことは逆に言えば13980の水平線を超えると売りの注文の損切り、すなわち買いのオーダーが入るのでそこから相場は上昇するはずです。

と、いうことで上のチャートのように、予め13890付近の水平線の少し上に買いの注文を入れておくと、そこを超えると相場が上昇し初めます。

いわゆる「ブレイクアウト」という基本的手法に近いパターンです。

では、次はゴールドを見てみましょう。

よく紹介する場面ですが、「損切りからのブレイクアウト」という観点で見てみると、また違った見え方がしてくると思います。

金で「売り(ショート)」の場合

こちらは、2020年8月に高値をつけた後、下げてきたゴールドの日足です。

さて、先程のNASDAQと同様に、売りを仕掛けるトレーダーの気持ちになってみましょう。

4時間足チャートに落としこみます。

ダウントレンドラインに沿って素直にトレンドフォローで緑丸付近で「戻り売り」を選択するトレーダーが多いのではないのでしょうか?

どんどんチャートを進めてみます。

戻り売りを仕掛けたトレーダーは大成功です。

では、この売りポジションを持っているホルダーはどこで損切りラインを設定するでしょうか?

先程と同じく直近の高値のすぐ上、1760付近の赤い水平線ではないでしょうか? で、あればブレイクアウトを狙うポイントは、下のチャートの青い四角ゾーン付近になると思います。

あとは、このゾーンまで価格が上昇してくるのを待つだけです。

このゾーンに入れば、売りのポジションを持っていたホルダーたちは次々に損切りを連続させるはずです。

ブレイクアウトしました。

赤丸付近で買いのエントリーをしてみます。

はい、見事、エントリー成功です。

ブレイクアウトで買いのエントリー後に綺麗に上昇してくれています。

テクニカル分析の本を読んだりネットで検索していると「ブレイクアウト」という手法を良く散見するはずです。

僕はブレイクアウトはこのようなホルダーたちの心理を背景に成立すると考えています。

「他のポジションホルダーたちはどこで利食いや損切りを入れるか?」
を考えながら、それを逆手に取るようなエントリーを行うと非常に勝率の高いトレードができると思います。

最後に

さて、ここで毎回お話させていただいている大切なお話。

これって後付で都合のいいチャートの場面を持ってきて、「ほらね?勝てるでしょ?」と解説しているだけかもしれません。

後付で都合のいいチャートを持ってきて、当てはまる場面なんていくらでも作れます。

実践で使うには、トレードはその性質上100%は無理ですが「確率的優位性がある」という判断で「未来の価格」を推測できなければ意味がありません。

ですので、この記事を読んで「マジでテクニカル分析って使えるかも…」と思った方は『必ず自分でバックテスト(過去検証)をして様々な場面で手法が当てはまる可能性が高い』ことを確認してください。

鵜呑みにするのではなく自分で検証する、という過程が非常に重要です。

自分で過去検証することで

  • その手法が本当に優位性があるかを確認できる
  • 自分で確認しているからこそ確信を持って身銭を切り、その手法で実際に売買ができるようになります。

この過去検証を経ないと、僕が様々な手法を解説しても宝の持ち腐れになってしまいます。

ぜひ、皆様ご自身でいろいろな銘柄、場面をマーケットで分析してみてください!

【株式投資におすすめの2口座】

スマホ投資ならLINE証券

〈おすすめ理由〉

  • 少額投資でコツコツ投資できる
  • スマホで使いやすいデザイン
  • 業界最低水準の取引手数料
  • イベント・キャンペーンが充実

スマホで本格投資するなら【LINE証券】

米国株投資ならDMM.com証券

〈おすすめ理由〉

  • 米国株手数料が一律無料
  • 便利なWebツール&アプリ
  • 平日24時間の安心サポート
  • 米国株を信用担保できる

株取引を始めるなら≪DMM株≫!

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

  • 投稿者情報
  • この投稿者の新着記事
かず@Dr.& Trader

かず@Dr.& Trader

短期トレーダー|外科系専門医

Twitterフォロワー13,000人(2021/12)|短期トレーダー|国立医学部卒外科系専門医|年間200件のオペ執刀|数学確率統計テクニカル分析をベースとした期待値投資(FX/index/ETF)をブログとyoutubeで発信|政治経済学全国模試1位から経済学勉強中|愛車ポルシェ|元サッカー部|空手初段

  1. 下落真っ只中のNASDAQ100のトレンド転換を見極める!

  2. 下げ相場の中で王道のS&P500を題材にトレンド転換のシグナルを察知してみよう!

  3. 【実践】大きく伸びそうな銘柄をテクニカル分析を用いて推測してみよう!

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP