実用的な投資・キャリア情報にアクセス

FX

ドル円、レンジ相場をさまよう。地政学リスクVS金利の攻防続く|2/17のドル円相場

【今押さえておきたいポイント】

  • ロシア軍のウクライナ撤退報道を受けて上昇したドル円だが、ウクライナ撤退の明確な証拠はその後報道されず、警戒体勢が続くとの事からドル円は115.79円の高値から115.36円低値まで下落。
  • 日米金融格差による金利格差でドル買い・円売りのスタンスは継続することによりドル円の下値をサポート。
  • FRB議事要旨は無事通過。FRBのタカ派スタンス変わらず。

2/16のドル円相場の特徴

16日(水)のドル円相場は上値がとても重かったですね。

ロシア軍のウクライナ撤退報道を受けて、市場はリスク回避ムードが後退。リスク選好のクロス円上昇しドル円もそれに連られました。しかし16日にNATOはこの報道を否定。「ロシア軍撤退の明確な証拠はない」との見解が報じられると、リスク回避ムードが再燃し円買いが再開しました。

また本日は米FOMC議事要旨が発表されました。内容は可もなく不可もなく、市場予想ほどタカ派的なスタンスはありませんでした。

いずれにせよ、上記の事から警戒感が再熱してる事からNY時間の午後にかけて、ドル円はこの日の安値115.36円まで反落してしまいました。

今日(2/17)の見通し

連日の動きを見ていると、ドル円は115円台半ばで方向感に欠ける値動きが頻繁に見られますが、長い目を見ると上昇を続けるのではないかと強く思考します。

その理由として1つは、FRBのタカ派スタンスが明確化されてることが挙げられます。今月初週の金曜日に発表された良好な米雇用統計に加え、2週目の木曜日に発表されたCPIも市場予想を大きく上回るものでした。金利上昇に伴いインフレ率が上昇するも、実体経済がちゃんと着いて来てことが数値上で確認できる事を見ると、 FRBはタカ派スタンスを継続しやすいです。

そんなイケイケ状態のアメリカ比べ、日本は金融緩和の長期化姿勢が続きます。日銀は指し値オペを通じて上限金利の抑制に強める事を発表しました。

これにより日米間の金融政策の明確な違いが生まれ 、名目金利差拡大します。通貨は低いところから高い所に移る傾向がありますので、ドル買い・円売りのスタンスは自然と生成され、ドル円相場は上昇を続けると考察します。

現在はウクライナを巡る地政学的リスクが円買い材料となっていますが、これも一時的なものだと思考します。あくまでも現在の主要問題は金利上昇に伴う相場移動(金利相場から業績相場へ)ですので、ドル円相場への影響は軽微なものなのかなと考えます。

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

  • 投稿者情報
  • この投稿者の新着記事
YS

YS

元銀行員/ 個人投資家

元銀行員/ 為替相場を軸としてファンダメンタル分析を武器にする個人投資家です/ 世の中の難しい話を分かりやすく伝えられるツイートを心掛けてます/ 自分のツイートをきっかけに「投資って自分も出来るかも!」と感じて貰えると凄く嬉しいです!/ フォロワー46,000人(2021年11月時点)

  1. ドル円、再び心理的節目の125円突破!次のターンは?4/11のドル円相場

  2. ドル円、124円の壁突破を何度も挑戦!地合い強過ぎる|4/8のドル円相場

  3. 高値圏から落ちないドル円。125円突破は時間の問題?|4/7のドル円相場

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP