実用的な投資・キャリア情報にアクセス

FX

米金利再び急上昇。ドル買い圧力増加!|3/2のドル円相場

3/2のポイント

【ポイント】

  • 有事のドル買いが目立つ中、バイデン大統領のインフレ警戒発言によりアメリカの株価指数が上昇。これによりリスク回避の円買いが弱まりドル円が上昇。NY時間に115.68円まで上昇。
  • パウエル議長、議会証言で3月利上げは0.5%を暗示。
  • ドル円の続伸をメインシナリオと予想する。
  • ロシア・ウクライナ第2回停戦協議によりエネルギー価格の動向は更に荒れる状態に。

3/2の為替相場の振り返り

2日のドル円は急上昇を見せました。

東京時間前は、この日の安値114.79円まで下げるも、ロシア・ウクライナを巡るヘッドラインの中で有事のドル買いが目立ちます。ロンドン時間に入るとドル買いの勢いが増します。

エネルギー価格高騰により欧州経済の先行きがとても不透明です。原油価格並びに天然ガスの価格が急上昇。WTI原油先物は2011年5月以来となる約10年10ヵ月ぶり高値圏へ突入しました。

これにより、世界的なインフレ率の拡大懸念が有事のドル買いを呼んでいます。

欧州連合はロシアへの追加経済制裁を発表しました。ロシア第2位のVTBバンクなど大手7行を国際的なSWIFTから排除。これにより間接被害を伴う欧州もユーロ売りが目立ちました。ユーロ売りも行き先はドルではないかと僕は考えます。

NY時間に入ると円売りが目立ち、ドル円は更に上昇を見せます。

昨日、バイデン大統領がインフレ警戒の発言を行いました。バイデン氏は一般教書演説の中で「物価の抑制が最優先課題」と発言。市場ではこれを政治側による利上げへの圧力だと判断。米FRBによるタカ派傾向が根強かったことから米金利が上昇し米ドル高を呼びました。

また昨日はADP雇用統計の発表がありました。結果は+47.5万人と予想+37.5万人を上回る力強い結果。これによりアメリカの主要株価指数が上昇。リスク選好の円売りが強まりました。

これによりドル円はNY時間にかけて、高値115.68円まで急伸しました。

今夜(3/3)の見通し

ロシア・ウクライナを巡るヘッドラインニュースはリスク回避の円買いより有事のドル買いが優勢になる事が多くなってきました。米FRBによるタカ派姿勢も継続していることから、17日のFOMCでパウエル議長も0.5%の利上げを行うかもしれません。

一方日本の姿勢は変わらず長期の量的緩和姿勢。日米の金融政策は方向性がまるで違います。これにより日米金利差は拡大し、ドル買い・円売りはますますヒートアップしていくだろうと思考します。

アメリカの経済指標は力強い結果を残し続けています。

パウエル議長並びにバイデン大統領は現在のインフレ率の上昇をなんとか抑え、アメリカ経済の安定を図りたいと強く考えているでしょうね。

しかし、これだけ急速にインフレ率が上がると欧州の経済力のない国のデフォルトが心配です。

ドル円は引き続き強いレンジ相場内の上昇と急落を繰り返しながら、緩やかに下値を上げていくと考えます。

エネルギー価格の上昇幅に注意しながら引き続き市場を観察します。

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

  • 投稿者情報
  • この投稿者の新着記事
YS

YS

元銀行員/ 個人投資家

元銀行員/ 為替相場を軸としてファンダメンタル分析を武器にする個人投資家です/ 世の中の難しい話を分かりやすく伝えられるツイートを心掛けてます/ 自分のツイートをきっかけに「投資って自分も出来るかも!」と感じて貰えると凄く嬉しいです!/ フォロワー46,000人(2021年11月時点)

  1. ドル円、再び心理的節目の125円突破!次のターンは?4/11のドル円相場

  2. ドル円、124円の壁突破を何度も挑戦!地合い強過ぎる|4/8のドル円相場

  3. 高値圏から落ちないドル円。125円突破は時間の問題?|4/7のドル円相場

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP