実用的な投資・キャリア情報にアクセス

日本株

TOPIX、「浮動株」の定義が変わる

知られているTOPIXの変化

以前の記事でTOPIXについて触れています。

最後の部分で2022年4月の市場再編に伴い、今後TOPIXが変化していくことにも触れています。

「流通株式時価総額が100億円未満」の銘柄は段階的にTOPIX内でのウエイトが減少していきます。

この変化についてはこれまでもよく話題になっていたように思います。

あまり知られていなさそうなTOPIXの変化

「東証」が算出するTOPIXをはじめとする株価指数の多くは、その算出方法について、「浮動株時価総額加重方式」が採用されています。

市場で売買される可能性が高いと考えられる株式を「浮動株」とし、指数用上場株式数(基本的には発行済株式数と同じ)に占める浮動株の割合に応じて、株価指数の構成銘柄のウェイトを算出することで、構成銘柄の流動性に即した運用を可能とする仕組みであり、世界の主要な株価指数の算出に取り入れられています。

東証は2022年4月4日以降の「浮動株」の定義を変更します。以下の図の「新設」と示されている部分が変更点です。

出所:JPX

「新設」部分は、有価証券報告書の「コーポレート・ガバナンスの状況等」に記載されている「他の上場会社等が純投資目的以外の目的で保有する投資株式」についても固定株とみなすものです。

「他の上場会社等が純投資目的以外の目的で保有する投資株式」とは、いわゆる「政策保有株式」、持ち合い株と呼ばれている部分です。

この割合が高い銘柄はTOPIX内でのウエイトが現在より低くなります。

つまり、近未来の「売り需要」となります。

浮動株比率の変動のTOPIXへの反映は2022年4月、5月及び6月の各最終営業日に3段階で移行します。

さらに、浮動株比率が10%超減少する銘柄については、売買へのインパクトをより一層軽減させるため、また浮動株の増加の余地の大きい上場会社の取組みを反映させるために、2022年4月、5月及び6月の3段階合計の変動を10%に留め、超過分は2022年7月以降の当該銘柄の決算期に応じて行う定期見直しに持ち越し、同様に10%に留める対応を行います。

なお、現在、浮動株比率を算定していない JASDAQ 銘柄については、2022年4月4日以降の株価指数の計算において、現在の浮動株比率の算定方法に基づいた浮動株比率を適用したうえで、3段階で移行します。

なお、浮動株比率算定方法見直しについては、此方(https://www.jpx.co.jp/equities/market-restructure/revisions-indices/03.html)を参照しました。

どうやって「持ち合い株」の割合を知るか?

さて、持ち合い株の割合をどうやって知るかに興味がわくと思います。

実は、有価証券報告書の「コーポレート・ガバナンスの状況等」に記載されている「他の上場会社等が純投資目的以外の目的で保有する投資株式」という情報から取得するのは容易ではありません。

例えば、トヨタ自動車(7203)に関して、該当の株式を特定するためには、「トヨタ自動車を保有している上場会社の有価証券報告書」に掲載されている「トヨタ自動車」株の保有目的が「純投資ではない」ものを足し算しなければならないからです。また、非上場会社が保有している分については開示が無いものが多いです。

下の図が、有価証券報告書の掲載例です。

保有株数で掲載されるので、例えば「ダイキン工業」であれば、ダイキン工業の上場株式数に対する割合は自分で計算しなければわかりません。

出典:住友不動産 2021年3月期有価証券報告書

というわけで、厳密に把握することは手間がかかるので、ここでは簡易的な方法をご紹介します。

「有価証券報告書」の「提出会社の状況」という項目の「株式等の状況」→「所有者別状況」で「その他の法人」の割合が高い企業は「他の上場会社等が純投資目的以外の目的で保有する投資株式」の割合が高い傾向があります。

出典:住友不動産 2021年3月期有価証券報告書

「その他の法人」とは、いわゆる「日本の事業法人」です。

浮動株比率算出式に新設されるのは「他の上場会社等が純投資目的以外の目的で保有する投資株式」なので、有価証券報告書の「その他の法人」と一致はしませんが、想定多岐な目安になる値です。

この値をもっと簡単に確かめるためには、日本経済新聞社websiteが便利だと思います。

「マーケット」を選び、検索ボックスで確かめたい企業を検索します。

出典:日本経済新聞社 website

「株主情報」をクリックし、少しスクロールしたら、

出典:日本経済新聞社 website

「分布状況」に「有価証券報告書」の掲載情報があります。

1社だけを見ても「政策保有」されているであろう株式が多いのか少ないのかわからないと思いますので、同業他社比較などをお勧めします。

この記事では住友不動産(8830)と三菱地所(8802)を比較してみました。

どちらが「政策保有」されているであろう株式が多いのかはわかりますね。

おまけ:「流通株式」と「浮動株」は違う

東証の市場再編で判断項目の一つにされたのは「流通株式」でした。

似たような名前ですが、「流通株式」は「浮動株」とは違います。JPXが定義する流通株式の計算方法は以下の通りです。

出所:JPX

流通株式を計算するときは「上場会社」ではなくても事業法人が所有している分は差し引くことになるなど細かい違いがあります。

これも厳密に計算するのは難しいので個人投資家のレベルで厳密に意識する必要はないと思いますが、違いがあることぐらいは知っておいてもいいと思います。

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

  • 投稿者情報
  • この投稿者の新着記事
おせちーず

おせちーず

CFP、FP1級、日本証券アナリスト協会認定証券アナリスト

#セミリタイア #サイドFIRE な"ゆるワーカー"/CFP、FP1級、日本証券アナリスト協会認定証券アナリスト/TOEIC950/サッカーは雑食だけど川崎Fサポ/MBAホルダー/がんサバイバー/投資歴約31年/旅/某大学非常勤講師 #優待 #おせちーずファーム #花「おせちーず」は自宅のぬいぐるみたちの総称 | フォロワー7,700人(2021年11月時点)

  1. 自社株買いアナウンスの考察ポイント

  2. 「行列」なしでは経済波及効果を計算できない

  3. レイ・ダリオが開発した「国力インデックス」

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP