実用的な投資・キャリア情報にアクセス

不動産投資

不動産投資の種類とは?投資形態の違いも解説

資産運用の必要性が高まるなかで、不動産投資への関心も強まっています。

しかし、一口に不動産投資と言っても投資形態や現物不動産にも色々な種類があるため、なかなかスタートできない方も多いでしょう。

そこでこの記事では、不動産投資の種類についてお伝えします。

投資形態でみる不動産投資

不動産に投資したいからと言って、必ずしも現物の不動産に投資する必要はありません。

今では不動産投資と同様の効果を発揮する金融商品や投資サービスが充実しています。

現物不動産の種類を見る前に、投資形態別の不動産投資を確認していきましょう。大きく次の3つの投資形態があります。

【投資形態でみる不動産投資の種類】

  • 現物不動産投資
  • 証券化不動産投資(REIT)
  • 不動産クラウドファンディング

現物不動産投資

不動産投資の代表的な投資形態は、現物不動産に投資することです。

【現物不動産の種類】

  • 区分マンション:アパートやマンションの一室を購入して貸し出す
  • 一棟:アパートやマンションを建物ごと購入して貸し出す
  • 戸建て:一戸建てを購入して貸し出す
メリット・銀行融資を活用できる
・節税効果が期待できる
・団体信用生命保険が利用できる
デメリット・まとまった資金が必要
・管理の手間がかかる場合がある
・リスク分散が難しい

証券化不動産投資(REIT)

証券化不動産投資とは、金融機関が多くの投資家から資金を募り、集まった資金で不動産に投資することで、不動産投資と同じ効果を発揮する金融商品です。代表的な商品はREITです。

REIT:者から集めた資金で不動産への投資を行い、そこから得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品

三井住友トラスト・アセットマネジメント
メリット・少額から投資できる
・分散投資ができる
デメリット・レバレッジ効果を発揮できない
・金融市場の影響を受ける

不動産クラウドファンディング

不動産クラウドファンディングとは、不動産の権利を小口化して投資する手法です。

権利を小口化する点でREITと不動産クラウドファンディングは似ていますが、REITは運用会社に投資するのに対して、不動産クラウドファンディングは不動産自体に投資します。

メリット・少額から投資できる
・投資する不動産を自分で選択できる
デメリット・流動性が低い
・リスク分散ができない

現物不動産の種類

投資形態別の不動産の種類を確認した上でやっぱり現物不動産に投資したいとなった方は、次に不動産の種類について考えていくことになります。

現物不動産の種類ですが、先述したように「区分マンション」「一棟」「戸建て」の3つがあります。

それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

区分マンション投資

区分マンション投資とは、マンションの1室を購入して貸し出す投資方法です。

一口に区分マンションと言って一人暮らし向けのワンルームタイプもあれば、世帯向けのファミリータイプなど様々です。

部屋の方角や階数によって投資効率は異なりますが、区分マンション全体のメリット・デメリットは次の通りです。

メリット・物件価格が安いため始めやすい
・複数物件所有でリスク分散できる
・供給数が多いので選びやすい
デメリット・空室リスクがある
・一棟より比べて利回りが低い

一棟

一棟とは、建物を一棟ごと購入して貸し出す投資方法です。

不動産投資での一棟は、マンションではなくアパートを指すことがほとんどです。マンションの場合は少なくとも2桁億円以上必要になるので、個人投資家向けではありません。

アパート一棟投資のメリット・デメリットは次の通りです。

メリット・高い利回りが期待できる
・比較的自由に運営できる
・土地も活用できる
デメリット・まとまった投資金額が必要
・管理の手間がかかる
・耐用年数が短い

戸建て

戸建てとは、いわゆる一戸建てを購入して貸し出す投資方法です。

マンションやアパートと比べてファミリー向けの物件であるため、中長期的に家賃収入を期待することができます。

メリット・入居期間が長い
・リノベーションがしやすい
・資産価値を維持しやすい(土地部分が大きいため)
デメリット・収益性が低い
・リフォーム費用がかかる

まとめ

今回は不動産投資の種類をお伝えしました。

一口に不動産投資と言っても手法や投資対象は様々なであり、投資家の意向によって適合する方法は異なります。

不動産投資は購入後の運用結果や管理方法について、あまり情報が出回っていません。不動産を購入してもらうことがゴールとなっている営業員が多いからです。

フォローもしっかりしている信頼できるプロの意見を聞きながら、情報収集していくと良いでしょう。

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP