実用的な投資・キャリア情報にアクセス

米国株

米国Market View 2022年1月8日(土)11日(火)

おはようございます。渡辺です。

2022年1月8,11日の米国株相場を見ていきましょう。

HEADLINE

ダウ、SP500はマイナス引けも、ナスダックは場中2.7%まで下がったものの、最終的にはプラスで引けた。

これは、ここ2年間の場中におけるリバーサルで最大になる。また、ナスダックはなんとか200日移動平均線の14,688.73を下回ることを回避した。

株価指数

セクター情報

個別銘柄情報

ファクター情報

各種指標/決算情報

  • 12月雇用統計[先週金曜発表]

結果19.9万人[コンセンサス40.0万人]、失業率3.9%[同4.1%]失業率がパンデミックの低水準にまで低下し賃金が上昇したことを示す結果となる。

その他ニュース

  • Lululemon(LULU)が、オミクロンの影響によって、ガイダンスについて4Qは会社予想の下限に達すると発表。株価は-1.9%。
  • Nike(NKE)、HSBC目標株価引き下げ、買いレーティングを引き下げ。-4.16%。TTWOは、ZNGAの買収を発表。40%程高い12.7億で買収。
  • 水曜日の消費者物価レポート(CPI)、12月のヘッドラインでは前年比7%増予想。
  • FRBの利上げについてJPモルガンは4回以上の利上げ、GSとドイツ銀行は、4回の利上げと8兆ドルのQTが3Qに始まると予想しているとのこと。

一言コメント

米国長期金利もやや落ち着いて来た事により、ナスダックも場中にここ2年間で最大の上げ幅を見せました。

今週は、水曜に発表の消費者物価レポート、週後半には、パウエル議長の公聴会と、ブレイナードの公聴会があり、注目が集まるかと思います。

引き続き、長期金利とインフレに注目が集まりそうです。

業界初、現役IFAがキャリア・アドバイザーを務める転職サービス「IFA PASS」

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

ブログ村

人気記事

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  1. 1
  2. 2
  3. 3

カテゴリー

関連コンテンツ

PAGE TOP